歯磨きをしているのに歯が白くならないなら歯磨きのやり方を見直し適切なホワイトニング歯磨きジェルを使うことも考えよう

歯磨きをしない、という人はいないと思うのですが、毎日欠かさず歯磨きをしているにもかかわらず、歯がだんだん黄ばんできた、歯が茶色っぽくなってきたという人も多いのではないでしょうか。

毎日、しかも1日2回も3回も歯磨きしていて、それでも歯が汚れてしまう、、、その原因はどこにあるのでしょうか?

まず最大の原因としては、歯磨きのやり方が間違っているということが考えられます。

一応歯磨きはするけど、30秒とか1分くらいでざっと磨いて終わり、歯がなんとなくスッキリしたらそれで終了!なんてせっかちな人も意外と多いはず。これでは、自己満足の歯磨きなだけで、実際に汚れはほとんど落ちていないと考えていいでしょう。

毎日たくさんの食べ物や飲み物を口の中に入れるわけですから、歯磨きを少し妥協しただけでも食べ物や飲み物の残りかすや色素はちょっとずつ着実に歯の票目に沈着していきます。すぐにしっかり落とせば簡単に落ちるような汚れでも、時間が経つことによって歯にこびりつき、ちょっとやそっとでは落ちなくなるんです。さらに、その上からまた汚れが付着していく、、という完全なる悪循環。

どうせ毎日、毎食後に歯を磨くのであれば、1回1回をしっかりと磨くことを心がけましょう。1分が2分、3分になる程度のことです。そんなに時間がかかるわけではないんです。

また、磨き方ももちろん大事。特に30秒とか1分という超短時間で歯磨きを終わらせようとする人に多いと思うのですが、歯ブラシを歯に思いっきりこすりつけてゴシゴシと力任せに磨いていたりしているんじゃないでしょうか?

短時間で歯磨きを終わらせるために、必死でありったけの力を込めて磨く。一見合理的な気もしますが、実はこれ、歯を磨くたびに歯の表面を傷つけているのです。一般的な歯磨き粉には「研磨剤」が含まれています。この研磨剤には汚れを落とす作用はもちろんあるのですが、それだけでなく歯の表面を傷つけてしまうことが分かっています。また、歯磨き粉には研磨剤の他に「顆粒」と呼ばれるツブツブが入っているものもあります。これもまた、歯の汚れを取りやすくするものでありながら、同時に歯の表面を傷つけてしまうというデメリットがあるのです。

歯の表面に傷がつくことで、その傷の部分に汚れがたまりやすくなってしまいます。きれいにするために歯磨きをしたにもかかわらず、磨けば磨くほど歯が傷つき、その傷に汚れがたまっていく。。。むなしくないですか!?(笑)

歯の黄ばみが取れないという人の多くは、こうしたことが原因となっていると考えられます。

歯磨きは毎日の習慣ですので、その積み重ねの威力というのは実はとても大きいんです。正しい歯磨きをすれば少しずつではありますが着実に歯はきれいになっていきます。ですが、間違った歯磨きをずーっと続けていると、磨いても磨いても、なぜか歯はどんどん汚くなっていく、全然きれいに白くならない!なんていうことにもなりかねないのです。

歯磨きを毎日しているのに全然白くならない、汚れが落ちないという人は、まず自分の歯の磨き方を見直してみてください。自分では磨いているつもりでも、実際にはちゃんと磨けていないという人はものすごく多いんです。

そして、自分が使っている歯磨き粉に研磨剤が入っているなら、あまりゴシゴシと力を入れて磨かないこと。最近では研磨剤を使わずに別の汚れ除去成分で歯にこびりついた汚れをはがして分解してくれるようなホワイトニング歯磨きも多く販売されているので、できればそういった研磨剤なしのものを使うのがベストでしょう。お世話になってるサイト⇒ホワイトニングを自宅でする安い方法