有酸素エクササイズと筋トレ~ダイエットに絶大な効果を誇る代謝アップが見込めるのはどっち?

出産を経験し、増えた体重と元にもどすために、ダイエットと平行するかたちで人生でしたことがなかった筋トレをしました。100%母乳で子供を育てていたので、あまりダイエットはすることが難しかったのですが、筋トレはとても熱心にしました。そういったこともあり、半年ぐらいでほぼ元のスタイルに戻ることができました。

前に、炭水化物を少なくするやり方で減量を試みたことがあります。しっかり噛むことで、充足感を満たそうとしたけれど、きつかったです。生粋の日本人ですから、たまには、がっつりと真っ白なごはんを食いたくなります。ですから、今は、夜のみ炭水化物のものを食べることを控えるけれど、朝食と昼食はごく普通に摂ることにしています。

ダイエット期間の間食は何があってもいけません。仮に食べ物が、例えスナック菓子などではないとしても、食べる=太るという事実を忘れないでください。過度の我慢も良くないけれど、一日三度の食事をしっかりとって、あとは食欲を抑制できるように体質改善ができるといいですね。私自身、ダイエットは以前に何度かしてきました。今も時折、実践してる痩せる方法はファスティングダイエットです。その日の用事がない日に水以外は何も摂取しないようにします。

翌日の夜明け直後はお粥などのお腹にやさしい食べ物を食べて、それ以後は普通に生活するのです胃の初期化にもなって体にも負担がなくいいらしいですよ。ついご飯の前にお菓子を食べてしまうことが多くてこんなのだめだと思っている方はお菓子の代わりにスムージーを飲んでみてはいかがでしょう。スムージーを作るのに必要なのは自分の好きな食材を混ぜ合わせて作るのもいいですし、ネットやお店で専用の商品を買うこともできるでしょう。おやつや主食に置き換えて飲むことで、ダイエット効果が上がるんです。ただ飲み込むだけではなくスムージーを噛むと、よりいいですよ。

ダイエットを行う際にまずしておくべきことはまず基礎代謝量を計算して知っておくことが実は重要な準備のひとつです。基礎代謝とは、特になにも動いていない状態において消費されるエネルギーのことをいい、その数値が大きいほど、あまり太らない体質ということがいえるのです。基礎代謝の計算はネット上のサイトで確認することができますので、一度確認してみるといいとお勧めしたいのです。

ダイエット期間中に、欲望の中にある甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に飲食する物は、ずっと変わることなく寒天です。寒天はお好みの味付けにできるので、全く飽きません。特別、缶詰みかんが入った牛乳寒天と、サイコロ状に切った味付けしていない寒天にきなこをたっぷりかけて黒蜜をちょっぴりたらしたものがしょっちゅう食べているものです。

ダイエットには様々な方法がありますが、基本はエクササイズと食事ではないかと思います。食事制限と並行してエクササイズも行うとまた一段と効果的となるので、日々何らかのストレッチやエクササイズを行えば効果が出るかもしれませんね。ジムを使うのも良いですし、それが無理な人は自身でトレーニングやジョギングといったエクササイズをするように心がけるのが良いでしょう。

ダイエットで人気の高い有酸素エクササイズは、もっとも効果のある心拍数を自分が理解することで効率よくエネルギーを消費することで、脂肪燃焼を高めることが可能となります。長時間続けて体を動かせば動かすほどダイエットではなく、、特に激しいエクササイズをすると筋肉に酸素が行き渡らなくなり、反対の効果になってしまいます。体重を落としていると自分に厳しい朝食や夕食の制約を立ててしまう人もいますが、食事を取らないなどの無理な減量は絶対、やらない方がいいです。食事制限をやっていても空腹になってしまったら無理をせずに食すようにしましょう。

その時、なるべく低カロリーのものを属するようにすれば急に体重が増えたりすることもありません。短い間に健康的にやせるには水泳が一番です。マラソンなどは苦手な方でも、水泳ならば浮力が助けとなり、長い時間できますし、泳ぎ終わると疲れが気持ちいいくらいです。やせるために大勢の人が泳いでますから、1人で泳いでいても全然大丈夫です。水泳は想像以上にカロリー消費が激しいので、継続すればダイエットも成功間違いなしです。

最近、丸くなってきたので、痩せよう調べていたら、いいダイエット方法を見つけました。それはつらいと思わない程度の継続エクササイズです。有酸素エクササイズは効果的で食べ物を我慢するよりずっと体重が減ります。

私も数週間前からジョギングをやり始めたのですが、どんどんスリムになって嬉しいです。ウォーキングは思いのほか効果的なんだなと思いました。ダイエットに効果があるのは有酸素エクササイズと筋肉トレーニングです。

遅筋という筋肉は有酸素エクササイズをするときに主に使われるのですが、筋トレで使われているのは速筋です。あなたも聞いたことあるかもしれませんが、遅筋は筋が肥大しにくいため、見た目がマッチョになりにくいです。

遅筋と速筋を一緒に鍛えると、憧れのスタイルに近づけます。一般的に言って、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたあたりから、徐々に減っていくものです。これにより示されることは、成長期の終了とともに代謝量が安定しだしたことと、エクササイズ量の減少のために筋肉量も同様にだんだんと低下しているからです。30代を過ぎ中年に差し掛かると太りやすくなってしまうのはこういうわけなのです。女性の目線では、結婚は人生で一度きりのはずのことなので、結婚を決めてから、私も人並みにダイエットに努力しました。その上、エステにも行って見ました。結構な費用が掛かったので、結局3日しか通う事ができなかったけど、普段と違うことをしてちょびっとだけ綺麗な自分に会えた気がしました。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>着るだけで腹筋に効果を感じる!?

運動嫌い・食事制限が続かない人のダイエットは代謝アップを目指せ!

年齢を重ねるにつれて代謝が下がってきたせいか、ふと気を抜くとすぐに体に脂肪が付くようになってしまいました。これではいけないとダイエットに挑戦するのですが、、、とにかく運動が苦手で、これまでにジムに何度も通っては続かずにやめてしまったり、ジョギングを始めても数回で挫折してしまったり、自宅で筋トレをしようと思って道具を買ったはいいけれど使わずに放置してしまったりの繰り返しです。

いずれも最初の2回くらいはやる気まんまんで「今度こそは運動を日課にするぞ!」とかなり意気込むのですが、まさに3日ぼうず。数回続けると、「つかれる」「つらい」「面白くない」「面倒くさい」などといった気持ちがむくむくと頭を持ち上げてしまい、結局「もういいや、運動したからといって痩せるわけじゃないし」という謎理論を持ち出して(笑)、結局やめてしまうんですよね。

実際、食事制限の方が痩せます。これは何度も実践して身をもって経験しているので確実です。そりゃあ食べなきゃ痩せますよね。

単純に食べる量を減らしたり、また糖質制限で炭水化物など主食を抜いてみたりすると、1か月でも2~3キロは簡単に痩せることができます。もっと絞りたいときは、3か月くらいこうした食事制限を続けたこともありました。

ただ、そのときは体重が減るのですが、食事制限をやめてふつうの食事に戻すと、結局のところリバウンド。そうなると、永遠にこの食事制限を続けていかなければ体重をキープできないということになりますよね。そう考えると、絶望しかありません(笑) だって、たとえば一生炭水化物を抜けば太らないかもしれませんが、本当に一生ごはんもパンも食べずに生きていけるのかというと、全然自信ないですから。納豆ごはんとか食べたいじゃないですか!?

そう考えると、短期間でちょっと体を絞るには食事制限はいいんですけれど、長い目で見ると運動を取りいれていく必要があるなと最近は特に感じるわけなんです。おいしいものを食べて、それでも太らない体を手に入れたいじゃないですか。

特に代謝の低下をどうにかする。これがすごく大事だと思うんですよね。

そもそも、ふつうに食事をしているだけのつもりでも、どんどん太っていくということの原因は、摂取カロリーに対して消費カロリーが少ないということなんですよね。

摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすか、どちらかしかないんです。

摂取カロリーを減らすのは、一生そんな食生活を続けることがイヤだというのであれば、選択肢から外すしかありません。そうなると、消費カロリーを増やすしかありませんよね。

消費カロリーを増やすには、まず運動。日常的に運動をする習慣がつきさえすれば、まず「食べたらすぐ脂肪になる」という事態は防げるはずです。

ジョギングとかウォーキングのような有酸素運動を毎日の日課として取り入れることができれば、その分の消費カロリーが上乗せされるわけですから有効ですよね。

ただ、私の場合体力がなさすぎるので(涙)、ジョギングやウォーキングを始めてもすぐに疲れてしまってイヤになってやめてしまうんです。言い訳がましく聞こえるかもしれませんが(笑)、これが事実。つらいと思うことを続けることは人間なかなか難しいものですよ。。

そこで考えたのが、インナーマッスル的なものを鍛えることで、消費カロリーを増やすという方法。まあ簡単に言うと筋トレにつながるのですが、特に体幹と呼ばれる体を支える働きをする大きな筋肉を鍛えることで、より多くのエネルギーを消費する体になるはずなんです。

このインナーマッスルを鍛えるにはどうしたらいいかということですが、もちろん通常の筋トレをするのもいいんですけれど、プランクと呼ばれる方法が一般的に有名ですね。

ひじから先とつま先を床について体を支えて、その状態で静止。10秒~60秒くらいこの体勢をキープすることで、インナーマッスルが鍛えられるというのです。

これが本当に効果が高い!なぜ効果が高いと思うかというと、ほんの10秒くらいでもそうとうキツイからです(笑)。本当に最初は10秒ももちませんでしたから。もちろん翌日は筋肉痛。

この方法を続ければ、なんとか体幹を鍛えることができて、代謝がアップするんじゃないかとかなり本気で信じています。キツイのはキツイんですが、ふつうの筋トレのように何十回もやらなくてもいい、数十秒で効果バツグンというあたりが特に気に入っています。ツラいことでも、数十秒なら我慢できますからね。

こういう体幹トレーニングは、スポーツ選手などの間では当たりまえのことのようですが、これから一般人にもどんどん浸透していくでしょうね。ムキムキの筋肉を作るわけではなく、体を支える根幹を鍛えることで、もちろんダイエット面だけでなく健康面でもプラスの効果があるはずです。

体幹を鍛えるためには、プランクのようなエクササイズが有効ですが、最近すごく人気がある加圧インナーのようなものを着用するのもいいと思います。加圧インナー+エクササイズの組み合わせなら、かなり効率よく体幹効果が期待できるのではないでしょうか。

運動ぎらい、運動が続かない、食事制限も一生続ける自信がない、という人は、体幹をしっかり鍛えて代謝をアップさせるというのが「太りにくい体質」への市場の近道だと感じます。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒レディース加圧インナーをランキングでチェック

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !